バナー バナー バナー


たった1つの道具選びで、求人コストが削減できます。

重要なのは床清掃の効率でした。
清掃作業において、床は作業の大半を占めるため、これを効率化することで清掃スタッフの人数を削減できます。
中でも病院や介護施設は、安心して生活できるキレイな空間であることが第一要件。しかし、現場に歪が生じてしまうことで、 清掃事業会社様の実力や努力があっても、安心・安全が保てなくなってしまうかもしれません。

AirMop これを課題視した私は、35年以上の清掃経験から床面積の大きい現場に特化した清掃効率化アイテム、エアモップ(AirMop)を開発しました。

もし未だに、全ての床面を均等に清掃してしまっているなら、大いに改善できる可能性があります。




汚れが「見える」。床清掃の効率を大幅に上げるAirMop

AirMopを使うと、どの場所ににどのくらい汚れが溜まっているのか「可視化」できるようになります(特許申請済)。
これは従来の清掃アイテムには成し得ませんでした。

AirMop
AirMop

秘密はモップに入れられた切り込みです。研究を重ね、計算されたこの切り込み幅が、1スクイーズで効率よく床の汚れをかきとると同時に、ホコリの舞い上がりを 抑えます。

AirMop

場所ごとの汚れやすさを「可視化」されることで、どこを集中的に作業すれば良いかが判断できるようになり、清掃の効率が上がります。これは床面積が大きければ 大きいほど、顕著に効果を発揮します。

AirMopで清掃効率UP 少数精鋭のチームへ。
担当する床面積はそのまま、求人コストを削減しましょう。

さらに、モップはモップでもお手入れが面倒な従来のモップではありません。

クロス交換不要、お手入れも一瞬。ご家庭でも使えるほど簡単です。
集めたゴミはペーパーに挟んで簡単に取れます。水洗いすることもOKなので、お手入れも楽々。
乾拭き・水拭きも同時にできますので、時短になるだけでなく、使用後モップの洗濯や干すスペースも時間も不要です。

AirMop


清掃スタッフの負担が軽くなったというお声をいただいています。

・今まで掃除がすごく重たい存在でしたが、意識が変わったというか軽い気持ちになれました。
・とても軽いので疲れないのが嬉しいです。
・乾拭きと水拭きが同時にできるので、時間が省けて助かります。
・ベッドの下や隅などのほこりがラクにかき取れるのが便利でした。
・2枚のゴムの絶妙な切り込みが床の汚れをしっかりかき取ってくれるので、翌日以降のホコリなどが減り、日頃手の入らない細部に目が行き届くようになった。



人手不足の清掃業界を応援したい。

私は清掃の仕事に35年以上携わってきた中で、生活環境の悪化が命をおびやかす場に、何度も遭遇しました。治療が体内を整えて命を守るように、清掃は環境を整え て命を守ることができる大変意義のある仕事だと考えています。
病院清掃35年以上の経験から生み出したテクノロジーで、人手不足な清掃業界を応援したいのです。

エアモップ(AirMop)の詳細はこちらへ



エアモップ(AirMop)は、人手不足の苦労から解放されるために病院清掃35年の体験から誕生しました!

AirMop 病院清掃35年の健康を守るお掃除士、医療環境管理士の松本忠男と申します。金スマ、林修の今でしょ講座、あさイチなど90以上のテレビ番組に出演し、 「ポイントを押さえ、ラクに清潔にできる掃除法」「健康を守る掃除術」をお伝えしてきました。 「清掃はいのちを守る仕事です」他17冊の著書もございますのでご覧くださったことがあるかもしれません。

2019年1月からは、中国の深セン市にある1000床病院で約200人の清掃スタッフに環境整備を指導、中国、台湾、韓国、タイで計6冊の翻訳本を出版するなど、活動の場は海外にも広がっています。

2021年からは、子供たちを笑顔で健康にするお掃除"福育"活動をエステー株式会社様にご支援いただき行っており、アメリカ、イギリスのメディアでも紹介されました。

AirMop AirMop
亀田総合病院 名誉理事長・亀田俊忠先生も太鼓判! !
亀田俊忠先生「入院患者さんを感染症から守るには、 科学的エビデンスに基づいた松本さんの 掃除メソッドが欠かせません」

(出典:松本忠男著「健康になりたければ家の掃除を変えなさい(扶桑社)」)




たった1つの道具を見直すだけで、求人コスト削減につながります。

AirMopで清掃現場の少数精鋭稼働を実現しましょう。

お客さまの現場にフォーカスした、具体的なご相談も承ります。 AirMopを活用して、具体的にどういったフローで現場の編成人数を削減してゆくの か。お客さまの現場に代表松本が出向き、清掃効率UPのコンサルティングをさせていただきます。 ぜひ、この機会にご相談ください。

ご質問・ご相談、喜んで承っております。

  • copyright (c) 株式会社プラナ Allrights reserved.
ページトップへ戻る