バナー バナー バナー


笑顔になる掃除があります。福育を世界の子供たちへ

【2つの海外メディアで、私たちの「福育」活動が紹介されました!】
●アメリカ ウェルネス ヘルスケビジネストゥデイ(health care business today)

●イギリス phoenix98fm online (フェニックス98エフエム オンライン)

子供達と一緒に環境を守る「福育」は、皆で汚れを探して、減らすワクワク授業

たいせつなことは子供たちが教えてくれた。
エアモップ(AirMop) 「環境を整えることで、いのちと健康を守りたい」というゆるがない信念のもと、 子供たちが健康で、人を思いやり、すくすくと成長し、笑顔であふれる安心・安全な空間づくりをサポートしたいと考え「福育」活動をしています

2021年12月、私たちは横浜市立荏子田小学校の4年生に対し、「福育」授業を行いました。 子どもたち自身が身の回りの汚れを発見したり、正しい拭き方を学ぶ楽しい授業になりました。

授業前、私の中には「小難しい話が子供たちに伝わるだろうか…」という一抹の不安がありましたが、子どもたちの元気と素直さに助けられました。福育が大切にしているのは、正しい掃除のやり方を学ぶと同時に、自分自身で汚れている場所を想像し、探し、気づき、感じることで、わくわくしたり笑顔になったり。最終的には人を思いやる心を育むことです。 ここでも、汚れを可視化したことが大きく役立ちましたが、それを目を輝かせながら受け取り、実践してくれたのが、小学4年生の子どもたちでした。

エアモップ(AirMop) 授業のおわりに、一人の男の子が「正しい拭き方で世界中の人たちを守りたい」と発表してくれました。
子ども時代の私は彼のように立派な思いをみんなの前で話すことはできませんでしたから、感動と同時に衝撃を受けたのを今でも覚えています。 「こういった思いを持った子たちが率先して学び、そして他の人へ伝える。それがさらに伝わって、世界へ広がってゆく」のだと気づき、彼の想いに回答しました。と同時に、子どもたちのキラキラした瞳や発言に、改めて背中を押されたのです。

今、子どもたちは、大切なお友達や先生、お父さん、お母さんのことを思いやる心を持って、毎日、机を拭いてくれています。 他学年の子どもたちに正しい拭き方を教えてくれています。 私たちが大切にしている「福育」はこういう純粋な子どもたちに支えられています。

エアモップ(AirMop) このように、掃除をすることでピカピカに磨かれるものは床だけでなく、思いやりの心です。 子どもたちは、今まで気づいていなかった汚れが目で見えたことで、健康に悪いものがたくさんあることに驚く体験をしました。そして、これを減らさないと、大切な人たちに害があることを学びました。 何気ない掃除が、その場所で生活するすべての人を思いやる気持ちを育んだ瞬間でした。

福育

「福育」とは、松本忠男が提唱する、キレイの先にある、大切な人の安心した笑顔を見据え、いのちと健康を守るお掃除モデルです。 福育の「福」には、「拭く」の意味を掛けています。

拭くことは掃除の基本であり、拭き方一つ間違えるだけで、菌やウイルスを塗り広げることにつながります。
正しく拭くことは、人の命と健康を守る。
だから、子供から大人まで、社会に「拭く」文化を伝え、広げたい。
そういう思いと信念で、命と健康に向き合っています。 拭く

みんなで拭こう!心で拭こう!
笑顔がつながり、福を育てる。これが福育。 福育はSDGsにも貢献します。

「福育」活動は、全国の学校、保育園、幼稚園、病院、クリニック、高齢者施設、在宅看護・介護現場、清掃業界、家庭、地域社会などに向け、皆さまと共に次々と広げて参ります。

この先、世界を震撼させた感染症と今後も付き合っていかなければいけない上に、室内で人とコミュニケーションすることにどうしても億劫になってしまう世の中で、”福育”はとても必要な考え方だと思っています。 日々の掃除が、あらゆる面から人を豊かにする。未来を担う子供たちにこの学びを伝えてゆくことが、今の自分にできる最大の社会貢献です。 エステー株式会社の「Dr.CLEAN+除菌応援プロジェクト」の中で、効率よく健康に配慮した正しい掃除法を楽しく学び、笑顔の輪を広げる「福育」活動の啓発を進めています。


保育園での"福育あそび"後の保育士さんのご感想

エアモップ(AirMop)は、福育になくてはならない"めちゃラク"掃除用品!

福育では、子どもたち自身が、汚れていそうな場所を想像し、教室のいろいろな場所にシールを貼り、 その後、ツールを使い、見える化したところ、自分たちが汚している場所や身の回りの汚れを見て、ワイワイキャッキャしだしたのです。
授業がはじまる前の子供たちの大半が「掃除は面倒で、きらいだ」と言っていたにも関わらずです。
でも、これって、大人も同じですよね。

そこで、ご紹介したいのがエアモップ(AirMop)(特許申請済)です。 取れた汚れが塊になって見える掃除用品ですが、今では「福育」になくてはならない掃除用品の一つです。 忙しい保育士さんたちの掃除の負担をめちゃラクにし、子供たちと向き合う時間が増えたらいいなあと願っています。

AirMop
AirMop

保育園では、汚れが多い場所をエアモップ(AirMop)の"そこだけ掃除"でめちゃラクに!

取ったホコリなどが塊になり、可視化されるため、保育士の皆さんは、自分たちで汚れが多そうな場所を想像しながら汚れを探しにいきました。
さらには汚れが多い場所の”そこだけ掃除”も!まるで宝探しをしているように楽しそうです。

取った汚れが塊になり「見える」掃除用品エアモップ(AirMop)とは

「見える」から、掃除のやりすぎ、やらなさすぎが誰にでもわかり、掃除の回数を減らせる掃除用品エアモップ!

エアモップ(AirMop)で、ホコリなどを1回でごっそりかき取ると、翌日以降の掃除が"めちゃラク"になります!
AirMop

"エアモップ(AirMop)"は、取ったホコリなどが塊になって「見える」ことで、場所ごとの汚れ方の違いやどの場所をどのくらいの頻度で掃除するのが良いか、 そして、体に悪いホコリなどがしっかり取りきれたかなどが体感できる。まるで宝探しでもしているような楽しい掃除ができます。

まず最初にエアモップ(AirMop)を2日間続けてお使いいただくと、1日で増えるホコリなどは想像以上に少ないことがわかります。 今まで取り残していたホコリなどがごっそり取れるからです。


AirMop

"エアモップ(AirMop)"3つの"めちゃラク"

場所ごとの汚れを"エアモップ(AirMop)"で目に見えるようにしたら、想像より汚れが少ない場所がたくさんあることがわかりました。 エアモップ(AirMop)は取ったホコリなどが塊になって可視化されるので、掃除の場所と時間をギュっと絞れます。

こだわりポイント① ホコリや髪の毛などがごっそり取れるから、"体がスッキリ"めちゃラクに!

(1)掃除機をかけたあとにも残留してしまう、目に見えない床汚れにもギュッとアプローチ。

(2)隅にたまったホコリもきっちり。
(3)ホコリなどをごっそり取ると、翌日、同じ場所のホコリがとても少なくなっていることにビックリ。

こだわりポイント② 取ったホコリなどが可視化。掃除の負担が減り、"時間の使い方"がめちゃラクに!

(1)汚れの多い所はギュっと、少ない所はサっと。汚れている場所だけの"そこだけ掃除"が嬉しい。
(2)宝探しのように、汚れの場所、減らせた量がわかるから、たのしい。
(3)一日でどれくらいホコリが増えるかがわかる。



こだわりポイント③ 使い方がかんたんで負担も抑えられるから、"気持ち"がめちゃラクに!

(1)床をサーっと擦るだけで汚れがみるみる取れていく。



(2)クロス交換がなく、環境にもお財布にも優しい。
(3)最後にヘッドの部分のゴミをペーパーでシュっと取ってお掃除終了。

AirMop AirMop

(4)ヘッド部分はクリップで着脱。水洗いもできる。
(5)柄を外すと、手で持てるハンディ掃除具に。
(6)必要に応じて、乾拭きと水拭きが同時にできる。
(7)音が静かだから、時間を選ばず掃除ができる。
(8)柄が長いので、腰を曲げずに掃除ができる。

"エアモップ(AirMop)"の構造(特許申請済)

構造はとてもシンプルです。
2枚のゴム板と2枚の塩ビ板が連結。 ゴムには約5ミリ間隔に細かい切り込みが入っています。 この切り込みが床に貼りついた汚れをかき取ります。



● サイズ
・ヘッド部の横幅(掃除幅)は、34㌢
・柄の長さは、128㌢
(ヘッド部と柄を合わせた長さは、139㌢)
・掃除機に比べ、約670gと軽い!

● 2枚のゴムの隙間で舞い上がる前のホコリをキャッチすることで、ホコリの舞い上がりを抑える構造(特許申請済)

AirMop

AirMopと福育で、多くの人たちが笑顔であふれる安心・安全な空間づくりをサポートしたい!

医療の専門家ではない私たちが、人の健康を守る方法。それは健康な環境をつくることです。 室内環境は昔とは大きく様変わりしました。カビやダニ、ハウスダストによるアレルギー、細菌による食中毒、ウイルスによる感染症。これらは一年中発生しています。怖いのは新型コロナウイルスだけではないのです。
ふわふわで灰色のホコリの中を顕微鏡で覗くと、カビや細菌、ダニの糞などがたくさん見えます。



私は福育活動を通じて、子供達だけでなく、環境を整えることで、多くの人たちが笑顔であふれる安心で安全な空間づくりを心からサポートしたいと思っています。その上で考えなければならないことは、労力が多く疲弊してしまう掃除や、面倒でやる気にならない掃除は持続可能ではないということです。

AirMopによる汚れを可視化する掃除は、時間と精度の面から作業の効率を上げ、負担をグッと減らすことができます。 AirMopで人の健康を守り、福育で心を育む。 これが私の考える持続可能な社会づくりです。

私、松本忠男は小学生の時、落ちこぼれで、いつも置いてきぼりでした。成績はいつもビリ。運動もできない。人と喋ることもできませんでした。 影が薄いというか、いてもいなくてもわからないような子ども時代を過ごしていました。

AirMop ・不登校で学校に行けない時期があったこと
・土砂降りの中、泣きながら新聞配達をしたこと
・セミナーなど人前で話をしようとすると、脚がガタガタ震え、言葉もどもってしまうことを何度も繰り返したこと
ほんとうにいろいろなことがありました。

すごく頑張って生きてきたから、頑張ることの大切さも、頑張りすぎてはいけないことにも気づけたり、学校の成績がビリもトップも体験してきたから、どちらであっても人の本質とは関係ないことに気づけたり、すごく失敗してきたから、失敗の中からたくさんのことを学べました。 過去を振り返ると、山あり谷ありの人生でしたが、 「気づけたり、学び直せれば誰にでもチャンスはつかめる。そして、一人一人の役割を大切にし、全ての人が主役になれる社会へ!」
置いてきぼりの男の子だった私は今では自信を持って、こう伝えられるようになりました。松本忠男が崖っぷちの時、何をしたか。どう考えたか。私の体験や生き様が「福育」や「めちゃラク掃除」「健康を守る掃除」を通じて、ほんの少しでも勇気や元気につながったら、とっても嬉しいです。


"福育"授業、実演を交えてのセミナー、福育あそび講座、研修など、喜んで承っております。

バナー バナー バナー
  • copyright (c) 株式会社プラナ Allrights reserved.
ページトップへ戻る